ベニート・フェラーラ / グレコ・ディ・トゥフォ・テッラ・ディ・ウヴァ2017

A313

3,200円(税抜)

在庫状況 残りあと1

購入数

[造手] Benito Ferrara / ベニート・フェラーラ
[銘柄] Greco di Tufo Terra d’Uva / グレコ・ディ・トゥフォ・テッラ・ディ・ウヴァ
[国] Itary / イタリア
[地域] Campania/カンパーニャ州、San Paolo di Tufo
[品種] Greco / グレコ100%
[タイプ] 白 / 辛口 / ミディアムボディ
[容量] 750ml

<畑>
彼等の畑がある「サン・パオロ・ディ・トゥーフォ」はグレコの生産地域の中で最も標高が高い500m。「サン・パオロ・ディ・トゥーフォ」の丘は周囲を更に高い山に囲まれていて1年中風が吹き下ろすので葡萄は乾燥する。葡萄は常に健康を保つ。『湿気によってカビが発生し病気が出る。風で乾燥すると病気は激減する。よって畑ではボルドー液も必要ない。蜂蜜、海藻、ヴィネガーで対応する』下草が生える森のような自然な畑。近年、この地域 は注目されていて「マストロベラルディーノ」社等の大手によって買い進められている。大手の進出によって自然な葡萄畑は減っていく。効率的な農業は畑の緑を奪ってしまう。

<土壌>
『表土は白く石灰が豊富な粘土質。土壌は硫黄含有量が多く畑にも天然の硫黄が出てくる』硫黄採掘場は現在閉鎖されているが天然の硫黄は未だに地中に多く含まれ、葡萄は強烈なミネラル感を得ている。

<栽培>
畑では一切の化学薬品を排除し、撒くのは極少量の銅と天然の硫黄のみ。『雑草や刈った葉や枝はそのまま土壌に返す。有機栽培をベースとした循環型農業を実践している。蜂も育てていて畑には猪も住んでいる』『除草剤を使えばワインは表現力を失う。生命力が弱いのだから。茶色く枯れた草の畑は美しくないし、 生命力がなく、寂しくさせる』畑は森に隣接していて自然が残っている。訪問した日は畑にスギナを煮出した液とヴィネガーを撒き、ベト病の予防をしていた。『収穫時期も蜂が教えてくれる。分析はしない。完熟した葡萄は独特の香を出す。その香は蜂を引きつける。これで葡萄が完熟したか解る』仕立はグイヨ。伝統的な棚仕立は仕立が高いので地熱が葡萄に伝わらず熟すのが遅くなる。標高が高いので低く仕立て、地熱で葡萄を完熟させる。グイヨの欠点は下草が多いと湿気が溜まりカビが発生することだが、自然風が強く、乾燥を促すのでカビの問題は無い。『高地なので熟すのに時間が必要。例年収穫が始まるのは10月中旬。グレコの産地で最も遅い』

<醸造>
平均樹齢は30年程。1940, 1950, 1960, 2000年に植樹した4.6ha、5ヶ所の畑のブレンドで造られる。東向き斜面で標高は500mを超える冷涼な区画。収穫は20kgずつ手摘みされ、除梗。5度で15時間コールドマセラシオン。優しくプレスし、ステレンスタンクにて、20度以下で1ヶ月間発酵が続けられる。揮発的な香を失わないようにしている。発酵終了後、移し替えを行い、ステンレスタンクで7ヶ月、ボトルで3ヶ月熟成させる。

<ストーリー>
1970年代まで天然硫黄の採掘で賑わっていた「サン・パオロ・ディ・トゥーフォ」の町。この町で4世代に渡って農業を行ってきたのが「ベニート・フェッラーラ」。1970年代後半、現当主「􏰃ガブリエラ・フェッラーラ」の父によって葡萄が植樹され、ワイン造りが本格的に始まった。現在は「ガブリエラ」と夫「セルジオ」が栽培から醸造まで全てを担当している。
『1991年が初ヴィンテージ。友人サルヴァトーレ・モレッティエリが栽培から販売まで助けしてくれた』 初ヴィンテージを「エノテカ・ピンキオーリ」が買い占め たことで話題となり、一気に有名になった。
[]

カテゴリーから探す

詳細条件から探す