パオロ・ベア / サン・ヴァレンティーノ 2011

C508

5,700円(税込6,270円)

在庫状況 残りあと3

購入数

[造手] Paolo Bea / パオロ・ベア
[銘柄] San Valentino / サン・ヴァレンティーノ
[国] Italy / イタリア
[地域] Umbria / ウンブリア州
[品種] サンジョヴェーゼ、モンテプルチャーノ、サグランティーノ
[タイプ] 赤 / 辛口 / ミディアムボディ
[容量] 750ml

<輸入元コメント>
彼らがサン・ヴァレンティーノと呼ぶ区画のサンジョヴェーゼ、モンテプルチャーノ、サグランティーノを使用したワインで、もともとはモンテファルコ ロッソDOCとしてリリースされていました。今現在はセラー近くの樹齢の若い区画のブドウ(サンジョヴェーゼ、モンテプルチャーノ、サグランティーノ)とサン ヴァレンティーノ(区画名)に隣接する場所に買い足した区画に植えたサグランティーノも使用し、サンジョヴェーゼ60%、サグランティーノ25%、モンテプルチャーノ15%の比率らしいのですが、ウンブリアIGTのラベルにはサグランティーノとモンテプルチャーノが入っていることを表記できない(DOCと混同させないため?)ようで、ラベル上では「イタリアを代表する黒ブドウ品種であるサンジョヴェーゼとモンテファルコの土着高貴品種」という濁した表現がされています。

[栽培] ビオディナミ

<ストーリー>
モンテファルコ・サグランティーノ最上の造り手として知られるパオロ・ベア。
1500年代からモンテファルコに住んでいることが記録される、ベア家によって営まれるワイナリーです。
1980年から自家瓶詰めをスタート、自然と人間の共生を最低限の義務と考え、ビオディナミ農法を実践。醸造面でも、野生酵母の使用、温度管理等のコントロールを一切せずに醸造を行い、ノンフィルターでボトリング。自然で伝統的な手法を選択し、サグランティーノ本来の個性を深く引き出しています。
長い間、サグランティーノは陰干しで造られる甘口の赤ワインのための品種でした。高い糖度を持ちながらも、タンニンが豊富で難しい品種である為、辛口のサグランティーノが造られるようになったのは80年代後半頃からで、辛口に関していえば歴史はまだごく浅いワインです。
90年代に入るとアルナルド・カプライが現代風にアレンジしたサグランティーノを造り人気を獲得。
サグランティーノの知名度は一気に高まり、多くの生産者が辛口のサグランティーノを造るようになります。
そんな中にあって、頑なに伝統を守り、サグランティーノ本来の個性的で力強い味わいを守り続けています。
[]

カテゴリーから探す

詳細条件から探す