[造手] Damijan /ダミアン
[銘柄] Pinot Grigio / ピノ・グリージョ
[原産国] Italy / イタリア
[地域] Friuli-Venezia Giulia / フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州
[品種] Pinot Grigio / ピノ・グリージョ 
[タイプ] オレンジ / 辛口 / ミディアムボディ
[容量] 750ml

<輸入元コメント>
そして今回一番驚かされたのが、このピノ グリージョかもしれません。約20年振りにDOCに申請し、しかもパスしたピノ・グリージョ(笑)。
これまでも何度か話しておりますが、リボッラやマルヴァジアの様に貴腐の恩恵を得られないピノ グリ−ジョ。単一のヴィンテージでは、他の白のようなダミアンの考える到達点に見合わない、そこで今までは相反するヴィンテージをブレンドし表現し得なかった複雑さを見せていたピノ グリージョ。しかしながら近年フリウラーノ同様、DOCに格上げされたため、IGTとしてブドウの名前を使えないという事態に、、汗。
そこで負けず嫌いなダミアン「これだけ誠実にブドウを栽培し造られているワインが、一部の既得権益のために苦しめられることが許せない!」、今回なんとDOCに申請し、さらに許可が下りてしまいました、、(驚)。白ワインとは言えない色合いでの DOCにはビックリですが、これにはイタリア的忖度によるもののようで、、、汗。なので今回は、今までの2ヴィンテージのアッサンブラージュではなく、単一ヴィンテージのみでのリリースとなりますので、入荷数がちょっと少なくなります。DOCを取ったからといって、造り方を変えたわけではなく、果皮の色合いを十分に纏ったピノ グリージョ。2017というヴィンテージも、一般的には猛暑という印象ですが、収穫前の雨と低温によって、とてもバランスを持ったヴィンテージ。単一のヴィンテージでありながらも、他の白ブドウに見劣りしない素晴らしい味わいを持っております。

<醸造>
ピノ グリージョ、樹齢30年。収穫後、開放式の大樽にて果皮と共に30日、圧搾後大樽にて12~24か月熟成。
完熟した2015、冷涼な2016という相反したヴィンテージをブレンドしてボトル詰め。

<ストーリー>
前に進み続けることが当然!と言わんばかりの揺るがない強い意志と、積み重ねてきた経験。
1998年よりカンティーナを立ち上げ、リボッラジャッラをはじめとしたフリウリ特有のブドウを栽培。土地への最大限の敬意、概念に囚われない醸造、果皮の本質を見せるワイン、揺るぎない信念(頑固さ)をもつダミアン。「畑での仕事量こそがワインの根幹を成す」その言葉通り、畑仕事への追及はどの生産者よりも激しい(恐ろしい)。樹上での熟成は、収穫を11月まで遅らせることも少なくない。土地由来の強いミネラル、果実的熟度、さらにはボトリティス(貴腐菌)の恩恵をも受けた彼のワイン。貴腐化した果実を含むため、非常に厳しい選果を行ってから除梗。縦型の開放式大樽の中にて2か月以上のマセレーションを行いつつ、野生酵母にて醗酵。圧搾後、大樽にて熟成。4年以上のサイクルにてボトル詰め。土地の持つ強烈なミネラル、完熟した果実、骨太な酸、さらにはボトリティスの恩恵を受けた彼のワインは、豊かさと旨みはもちろんの事、他のいかなるワインとも異なる個性を持つ。
ダミアンは常に進み続けてきた造り手といえる。素晴らしい出会いの度に一歩ずつ進み、一つずつ築き あげてきた。 彼の父は数ha のブドウ畑とオステリアを持ち、栽培したブドウで造ったワインを店で売る、 当時はポピュラーなワイン造り。しかしそんな「当然な」ワインに満足せず、畑仕事が得意だ った父について幼いころから栽培や醸造にのめり込んでいくことになる。ダミアンにとって一 つの大きな出会いでもあるオスラヴィエのヨスコ グラヴネル、きっかけはやはり父であった。 1985 年、フリウリのワインに造りの「定説」に一石を投じたヨスコのもとには、多くの造り手が 集まり(今では素晴らしい造り手ばかり、のちにそれぞれの価値観を持ち、離れていくことに なる。当時の彼のカンティーナには溢れんばかりの熱意と信念、才能が集まっていた。)、 濃密な時間を共に過ごすダミアンは、自身今までにないほど多くの事(本人曰く、技術的 なことではなく、より内面的な部分で学ぶことの方が多かったという。)を学び、自身のフィロ ソフィを築いていくこととなる。彼が父から離れ、本格的に栽培・醸造を開始したのは、 1998 年、ゴリツィアの西にある放棄された畑(Monte Calvario)の畑を手に入れたことから 始まる。
彼のワインには2つの表情:ヴィンテージごとに見せる顔がある。特に彼にとって印象 的、というより過酷過ぎる収穫(冷夏と多雨、収穫前の雹によって約8割の収獲を失ってしまう。 残った果実にも傷がつき、収穫は房ごと、ではなく粒単位での収穫を余儀なくされた年)は、彼 にとっての今後を、はっきりと示すこととなる。寒い年、雨の多い年にはボトリティスの恩恵を強く 受けることで、表面的な味わいというより、より奥深い、ポテンシャルを感じるワインになる。それ に比べ、気候に恵まれ果実的な熟成を遂げたヴィンテージには、非常に素直さ、明るさ、親し みやすさを持ち、豊かな飲み心地を持ったワイン。こうした二つの表情、大きな変化、その背 景には彼自身の成長・変化をはっきりと感じることができる。 「ヨスコから学んだものはブドウ作りや醸造方法じゃない、もっと大切なものだ。生きる上での価値観やフィロソフィ。大地、植物、 すべての小動物、一体化した自然環境に最大限の敬意を払うこと。妻、そして家族を愛すること。そして自ら経験しなければ、何 一つ学べないということだ。」
(1)

カテゴリーから探す

詳細条件から探す