グループ

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


Feed

ポデーレ414 / バディランテ・サンジョヴェーゼ 2017

[造り手] Podere414 / ポデーレ414
[銘柄名] Badilante Sangiovese / バディランテ・サンジョヴェーゼ
[原産国] Italy / イタリア
[地域] Toscana / トスカーナ州, Morellino di Scansano / モレッリーノ・ディ・スカンサーノ
[品種] Sangiovese / サンジョヴェーゼ
[タイプ] 赤 / 辛口 / ミディアムボディ
[容量] 750ml
[生産量] 約28,000本

<YKTコメント>
キャンティ・クラシコのエリアと比べて、わかりやすく親しみやすい果実味と柔らかなタンニン。それでいて、酸味とミネラルを伴ったジューシーさを感じる余韻。抜栓後の日持ちもなかなか良い。圧倒的コスパのサンジョヴェーゼ!

<輸入元コメント>
季節な極端な気候変化に対応し、フラッグシップであるモレッリーノ・ディ・スカンサーノの品質を高いレベルで安定させるために、2014年から作り出したセカンドラインといえる、ワイン。モレッリーノよりも早く収穫したブドウを使っているが、侮るなかれ。良質なタンニンとバランスのとれた酸が、ミディアムボディでフレッシュな味わいを支えている。エチケットには、沼沢地であったグロッセート周辺を、泥だらけになりながら、スコップで干拓をしていったバディランテと呼ばれる労働者の絵があしらわ
れている。

[畑] 標高250m、東、南、西向きを含む、植樹2000年代、密植率6,500本/ha、仕立てはドッピオ・グイヨ
[土壌] 粘土質、礫岩土壌
[醸造] 天然酵母、セメントタンクで15〜20日間マセレーション、セメントタンクとトノー(5hl)で12ヶ月間熟成

<ストーリー>
ポデーレ 414は、シモーネさんが1998年に創立したものですが、その父君は高名なエノロゴである、マウリツィオ・カステッリ(グラッタマッコ、マストロヤンニの醸造コンサルタント)です。マウリツィオはバートン・アンダーソン著『イタリア―味の原点を求めて』にしばしば登場するので、読者はご記憶のことでしょう。その父親から受け継いだワイン造りの叡智が、ここでは良い意味で発揮されています。ナチュラルをモットーにして、見事に美しく仕上げられた、魅力あふれるワインです。ちなみにワイナリー名にある414″は、1960年代に大農園の再分割がなされた時、この農地につけられた区画番号だとか。
モレリーノ・ディ・スカンサーノは、トスカーナの南部、グロッセートの東南に位置するスカンサーノ地区で造られます。モレリーノはこの地域ではサンジョヴェーゼを意味しますが、キャンティと比べるとより柔らかくて軽やかで、たっぷりとした豊かな果実味があり、やや大柄で、上質なものは美しく熟成します。モレリーノという言葉は、ワインの色調に由来する、小さなサクランボを意味するという説と、かつて生活に欠かせなかった馬の繁殖(cavalli morelli)に由来するという両説があります。歴史的には、沼地が点在するマレンマに住む人たちが、厳しい夏をしのぐために、丘陵地のこのエリアに避暑にやってきて、ワインを造るようになったのが始まりです。

<出会い>
2015年のヴィニタリー会場内で、サンジョヴェーゼを集中的にテイスティングしたなかでも、深く印象に残ったワインです。素晴らしくバランスのとれた上品な味わいで、活き活きとした味わいのなかに温かさを感じます。ヴィニタリー後にローマに出る道程で、日曜日でしたが思い切ってセラーを訪ねてみました。テニスから戻ったオーナー兼エノロゴのシモーネ・カステッリさんにセラーを案内していただき、幸運にも取引が決まりました。
(0)
型番 C447