購入数

[造手] Costa di La’ / コスタ・ディ・ラ
[銘柄] Moz / モツ
[国] Italy / イタリア
[地域] Veneto / ヴェネト州, Toreviso / トレヴィーゾ県
その周辺地域を含む人口約3万4000人の基礎自治体(コムーネ)、コネリアーノ。県都トレヴィーゾに次ぎ、県内第2位のコムーネ人口を有する。ワインの産地としては、DOCワイン「プロセッコ・ディ・コネリアーノ」の指定を受けている。また、イタリア最古で由緒のあるワイン学校「Scuola enologica di Conegliano(コネリアーノ・ワイン学校)」がこの市にある。(ウィキペディアより引用)
[品種] モスカート主体、グレラ
[タイプ] 微泡 / うっすらオレンジ / 辛口 / ミディアムボディ / SO2(酸化防止剤)無添加
[容量] 750ml

<輸入元コメント>
エルネストの遺作となってしまいましたモスカートとグレラのオレンジ・コルフォンド“MOZ(モツ)”。今年でコスタ・ディ・ラと輸入元の取引が10周年ということで、 彼との約束もあり、10周年記念“ぐるぐる”ラベルでリリース。モスカートらしい華やかなアロマ、はどよいボリューム感、アフターにはほろ苦いニュアンスのある辛口。飲み心地も”グルグル”なスタイルです。

<畑・栽培>
仕立:ドッピオ・カポヴォルト方式。自然農法。

<醸造>
マセラシオンあり、瓶内二次発酵。ノンフィルター、ノンコラージュ。SO2不添加。

<ストーリー>
コスタディラ(現地の方言で「あの丘」の意)は、エルネスト・カッテルが営む小さな蔵元。1950 年代前半、急勾配斜面に位置する彼らの畑は、プロセッコ生産用のブドウの栽培に最も適した畑であることで知られていたが、地元農民は容易な労働とより良い収入を求めて同畑を手放した為、長期に渡り置き去りにされてしまう。1980年代後半、その畑はドイツのヒッピー・コミュニティにより買い取られるものの、農作業は行われず、その後再び放置されることとなる。畑の存在を知った当初から彼はその偉大なポテンシャルを感じとり、2006年に畑を取得、その再生に取り掛かる。長期間放置された為、鬱蒼としたかん木が茂っていたが、ヤギによる除木、その糞による堆肥散布という有機的手法が採られ、その後のブドウ栽培にも自然農法が採用されている。現行ヴィンテージはIGTの白としてリリースされているが、そのスタイルはかつて存在した昔ながらのプロセッコそのものである。コスタディラの造る伝統的プロセッコを模したワインは、国際市場で「パーティ・フィズ」と化した現代のプロセッコとは異なり、瓶内二次発酵方式により造られる。この伝統的方式にて造られたプロセッコは「プロセッコ・コル・フォンド」と呼ばれ、二次発酵を担った酵母(残糖ゼロ)は瓶底に沈殿した状態で留まり、プロセッコに更なるアロマを加える。現在、海抜 280m、330m、450mの3つの畑かそれぞれワインが生産されており、2012 年からは別区画でレフォスコとメルローを用いた赤の生産も開始している。コスタディラの哲学は、単に自然回帰することではなく、人間の営みと自然の関係を維持しつつ、ワインが不可欠な伝統的食文化に留まることであり、彼等の言う「アルティコルトゥーラ」という言葉に集約される。(輸入元資料より引用)
[0]

カテゴリーから探す